猫の腎臓病のこと

  • -

猫の腎臓病のこと

わたしがウプープウを始めようと思ったきっかけは、ミエルが6才半で腎臓病のため亡くなってしまったことからでした。

食いしん坊で丸々としていた頃のミエル

最初は、歯肉炎だと思ってました。腎臓病が進行しつつあることに気づかなかったのです。

当時の日記
「ミエルは、歯肉炎で3本目の犬歯が抜けてから、食欲が無くなり、
最大6.5㌔あった体重が、3.5㌔になってしまいました。。
週末に病院で点滴を打ってもらい、痛み止めと抗生物質で、やっと食欲が出てきてホッとしたところです。
たくさん食べてもう少し太って貰いたいです。」

亡くなる2ヶ月前のミエル

その時は、腎臓も心配だったので、血液検査をしてもらいました。

でも異常は無かったのです。

それなのに、あっという間に悪くなり、2ヶ月あまりで死んでしまいました。

医師に最初の血液検査でなぜ分からなかったのか聞いたところ、

猫には2つ腎臓があり、1つが機能していると血液検査には出ないのだそうです。

血液検査で数値が急に悪くなった時には、すでに片方が機能していない場合が多いと説明してくれました。

でも、早期に発見してあげられれば、食事療法や投薬などで悪化を抑えることが出来ます。

以下の症状に注意して下さい。

⚫︎水をたくさん飲む

⚫︎尿の量が多い

⚫︎食欲がなく体重が落ちる

⚫︎毛艶が悪くなる

⚫︎歯肉炎や口内トラブルがある

⚫︎だるそうにして、元気が無い

⚫︎よく吐くようになる

調べるのは、血液検査が1番良いですが、頻繁に出来ない場合は、

自宅で採尿して病院で検査して貰うのも良いかと思います。

腎臓は、一度壊れると再生しないので、早く見つけてあげることが、本当に大切です。

今は亡きミエルが教えてくれました。



About Author

upooopu

猫と犬と人の幸せな生活

イベント

  • イベント無し