Category Archives:

  • -

犬猫の脱走防止に、ペット用編戸に張り替えてみよう!

秋の風が吹きはじめて、ようやく涼しくなってきましたね🍁

こんな日は、窓を開け放って外の風を感じたいのは、

ペットも人も同じです🍃

でも、普通の編戸だと、脱走の心配がありました。

我が家も、猫達によじ上られて、古い編戸は破けてボロボロ😩

窓を開け放したくてもできない状態でした😢

そこで一念発起して、DIYでペット用編戸に張り替えてみました💪

いざやってみると、意外に簡単に出来て、外の風景も十分見えるし、

何より猫がよじ登っても破けたりしません🙀

これは、ペットの脱走防止に効果ありです❗️

猫飼いさんには特におすすめです❗️❗️

猫は編戸も開けちゃうので、

窓ストッパーを付けるとさらに安心ですね🎶

ペットディフェンス(ペット用編戸張り替えネット)

編戸用ローラーとカッターナイフ

張り替え用ネット(ペットディフェンス)と押さえゴム(既存の物より、一段細い物にする)

猫たちも外が見られて満足かな

近くて見ると、こんな感じ

早速よじ登ってみるティティ


  • -

☆ありがとうございました☆赤レンガ倉庫クリスマスマーケット

赤レンガ倉庫クリスマスマーケット出店が無事に終わりました!

ウプープウのブース

年初に出店を目標にして動き始めたものの、
特に商品もない状態から、メンバーそれぞれの得意なことを活かして商品作りを始め、お友達が作った作品や製品も置かせてもらってなんとか形にすることが出来ました!
平日にもかかわらず、、足を運んでくださったお客様、お友達には感謝感謝です!
そして無名の私たちのショップに足をとめてくださり、お話ししたり、共感したり、商品を買って下さった方が少なからずいらしたことは、とても嬉しく励みになりました♪ありがとうございました!!
ディスプレイにこだわった甲斐があって、主催のIDECからとても良かったと言っていただけたことも嬉しかったです。

 

手編みのハンモックドーム

またたび入り猫のけりぐるみ

オルゴニャイトチャーム

赤猫工房ハンコ

ゴス猫雛人形

オリジナルトートバッグ

メンバーのチームワークのありがたさをかみしめて、来年はさらにステップアップします!!

これからもウプープウをどうぞよろしくお願いいたします😽

ウプープウメンバー

 

当日アンケートに答えてくださったお客様から抽選いたしました

プレゼント当選者発表!!

大田区のN様

大和市のM様

おめでとうございます㊗️

近日中にお送りいたしますので、お楽しみに!!

 

 


  • -

保護猫カフェ「T-CAT」

横浜関内にある保護猫カフェ「T-CAT」

F-SUSのすぐ近くで、偶然見つけてふらりとおジャマさせていただきました!


とっても気さくで優しい店長さんにお話を伺うと、今年2月22日「にゃんにゃんにゃん」猫の日ににオープンしたそうです。

店内は明るく清潔で、広々として猫たちもゆったりと過ごしていました。

レギュラーの猫たちは、店長さん自ら保護した子たちだそうです。

どの子もみんな、おだやかで人なつこく、大切にお世話されていることが伝わってきました。

T-CATさんの特徴は、猫部屋とカフェスペースが大きなガラス窓で仕切られていて、猫アレルギーの方も安心して猫を眺めることができます。広い猫部屋で猫ちゃんたちと遊ぶことも、もちろんできますよ♡


こちらでは、保護猫の預かりさんもなさっています。

現在、クロネコ兄弟のびーちゃんとちーちゃん(仮名)は里親さん募集中です!

よく遊び、人なつこくって、とても可愛い仲良し兄弟です。

生まれた時は、4匹いたそうです。生きられなかった2匹の分も幸せになって欲しいです。

気になる方は、『T-CAT』さんへお問い合わせください。


レギュラーの先輩猫たち。


9月17日には、ペット法務専門の行政書士・田代さとみさんを講師にお迎えして、飼い主さんに万一のことがあった場合の相談会をされるそうです。

upooopuのチラシも快くおいてくださいました!!
ご協力ありがとうございます! 


保護猫カフェ
「T-CAT」

神奈川県横浜市中区
弁天通2-29藤森ビル401
045-323-9497

Facebook
https://www.facebook.com/hogonekocafetcat/

Instagram
https://www.instagram.com/p/BSK60HqFrHz/

twitter
@TCAT20170222

 


  • -

野良ニャンコ保護奮闘記

野良ニャンコ保護奮闘記

我が家に来る、野良ニャンコ ミニちゃんに、赤ちゃんがいるかも?

と、保護ボランティアさんにご相談し、保護する為に保護器をお借りして、庭に訪れるのを待っていましたら、1週間以上姿を見せず、3日前に3匹の子猫を連れて来ました!

   

ミニちゃんが生んだ子猫達と共に毎朝来る様に。

 

お母さんのミニちゃんに近づくと叱られます。

 

上記写真は、

ボランティアさんからお借りした保護器です。

慣らす為、扉が閉じないように、紐で固定して設置。

今日は中のおやつが、食べられていました。

タイミングを誤らない様に扉の固定を外す日を待ちます。

下の写真は母猫ミニちゃんにそっくりな兄妹ミニミニちゃん。

母猫ミニちゃんとミニミニちゃんがそっくりなので、始めは同じ猫だと思っていました。

只今、無事にみんなを捕獲し、大きいニャンコは桜耳にする為、ボランティアさんと近所の猫好き仲間Kさんの協力を頂き奮闘中です。

可愛い命が幸せに、楽しく、元気に生きられるように心から願う日々です。


  • -

初心者向け 猫の飼い方セミナー を終えて

ウプープウ主催で初開催「猫の飼い方セミナー」 

第1回目を無事に終了いたしました。

ウプープウを立ち上げたときから、一番やりたかったセミナー。

でも、特に著名なゲストを呼ぶわけでもなく、

ただの猫好きのわたしのセミナーにいったい来てくださる方が

いらっしゃるのかしら?

と、不安を抱えつつ、持てる知識をフル出動させて、

テキストの作成にかかること2週間。寝る間も惜しみ、

原稿とイラストをかき、端からDTP経験者の伸子に渡し続けて

完成したのは、前日夜中(汗)

そうこうするうちに、“こくちーず”をみて、

ご参加表明して下さる方や、

最近子猫を飼い始めた友人が参加表明してくださいました。

嬉しい!有難い!緊張する!の気持ちを抱えての当日、

少人数なのでゆったりと進行しすぎてしまい、

予定時間をオーバーする始末。

でも、参加者がほんとに心優しい方たちで、

誰一人苦情をおっしゃることなく

最後までお付き合いくださいました。

一日で盛り込むには、テーマが多すぎたかなと反省しました。

次回は、もっとコンパクトに「飼い方」にフォーカスして

お話したいと思いました。

ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

第2回、第3回と、もっと中身の濃いセミナーが出来るように、

猫マイスター目指して精進してまいります。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

[ご参加者のご感想]

茅ヶ崎在住A様*

「改めて ねこちゃん お世話の内容を見直したいと想います。

    大変参考になりまして、誠にありがとうございました。

    学びを続け、ねこちゃんに少しでも近づいて歩めたらと思います。」

横須賀在住B様*

「わからない事をきちんとお答え頂いて良かったです。

    初心者なので 知らない事だらけで勉強になり、ためになりました。」

世田谷在住C様*

「テキストに感動!!すごくわかりやすくて知りたかったことが

     良くわかりました。

    まだまだ知らなかったこと、知りたいことがたくさんありますので、

     テキストに書き込んで活用していきます。」

 

皆様、ありがとうございました!励みにして頑張ります!!!


  • -

かんたん手作り猫のオモチャ〜パート2〜

【ペットボトルキャップのシャカシャカを作ろう】

飼い主さんが、買ってきてあげたオモチャに、全然興味をしめさなかったり、

つい最近までお気に入りだったオモチャに、見向きもしなくなったり、

猫って、こだわりが強い上に、飽きっぽい、

その割に、つまんないもので夢中になって遊んだりします。

そこで今回は廃品利用のオモチャ『ペットボトルキャップのシャカシャカ』を作ります。

タイトルだけで作り方が分かっちゃうほど、簡単!

☆用意するもの☆

●ペットボトルのキャップ 2個

(よく洗って乾かしたものを使います。※なるべく同じ銘柄のほうが、合わせたときにピッタリはまるのでよいです。)

●セロテープ、またはマスキングテープ

●カリカリのフードか、カリカリのトリーツ(おやつ)

※中身が飛び出したときに、口に入れても安全なものがよいです。

1. キャップの片方に、カリカリを入れる。

2. もう片方のキャップでフタをしてテープで境目を止める。

以上です。簡単すぎてすみません🙀

シャカシャカしてから、放り投げて遊んであげてくださいね♪

猫は、飼い主さんと楽しく遊んだことを覚えるので、

何度か遊んであげることにより、そのオモチャで一人遊びをするようになります。

忙しくても寝る前の15分くらいは、沢山遊んであげましょうね😸

 


  • -

猫の腎臓病のこと

わたしがウプープウを始めようと思ったきっかけは、ミエルが6才半で腎臓病のため亡くなってしまったことからでした。

食いしん坊で丸々としていた頃のミエル

最初は、歯肉炎だと思ってました。腎臓病が進行しつつあることに気づかなかったのです。

当時の日記
「ミエルは、歯肉炎で3本目の犬歯が抜けてから、食欲が無くなり、
最大6.5㌔あった体重が、3.5㌔になってしまいました。。
週末に病院で点滴を打ってもらい、痛み止めと抗生物質で、やっと食欲が出てきてホッとしたところです。
たくさん食べてもう少し太って貰いたいです。」

亡くなる2ヶ月前のミエル

その時は、腎臓も心配だったので、血液検査をしてもらいました。

でも異常は無かったのです。

それなのに、あっという間に悪くなり、2ヶ月あまりで死んでしまいました。

医師に最初の血液検査でなぜ分からなかったのか聞いたところ、

猫には2つ腎臓があり、1つが機能していると血液検査には出ないのだそうです。

血液検査で数値が急に悪くなった時には、すでに片方が機能していない場合が多いと説明してくれました。

でも、早期に発見してあげられれば、食事療法や投薬などで悪化を抑えることが出来ます。

以下の症状に注意して下さい。

⚫︎水をたくさん飲む

⚫︎尿の量が多い

⚫︎食欲がなく体重が落ちる

⚫︎毛艶が悪くなる

⚫︎歯肉炎や口内トラブルがある

⚫︎だるそうにして、元気が無い

⚫︎よく吐くようになる

調べるのは、血液検査が1番良いですが、頻繁に出来ない場合は、

自宅で採尿して病院で検査して貰うのも良いかと思います。

腎臓は、一度壊れると再生しないので、早く見つけてあげることが、本当に大切です。

今は亡きミエルが教えてくれました。


  • -

清川しっぽ村へ行ってきました

しっぽ村は、神奈川県の清川村に犬猫避難所を設置し保護・新しい飼い主さんを探す活動をしています。

ウプープウメンバー全員でお邪魔してきました。

自然に囲まれた緑豊かで空気も良く気持ちのいいところでした。

この施設を始められたきっかけは、東日本大震災でお家を無くした犬猫を見かねてのことで、保護するために一般社団法人を立ち上げられたそうです。

しっぽ村では、現在熊本地震で被災した犬猫の支援活動もされています。

スタッフの方に案内していただきながら、お話を伺い、ご苦労が多い中、ボランティアさんはじめ色々な方が命を守るために力を尽くされていること、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

専用移動バスと動物診療車

猫ちゃんのおうち。

こちらは猫エイズキャリアの子たちの専用ハウス

この子たちが新しい家族を待っています。

ハウスの中は広々としていて空調もバッチリ

広い個室もそれぞれの猫ちゃん専用。慣れている子たちは室内を自由に出入りできるよう扉は開いています。

みんなみんな愛してくれる家族を待っています!

1匹1匹が広々と快適に過ごせるようにしてあり、清潔に保たれていて、スタッフの方達の優しさと努力が伝わってきます。

 

猫たちがのんびりとのびのびしています。

ネコ白血病に感染してしまった子たちのお家。関係者以外は立ち入り禁止

ワンコのお庭

ワンコも広々として清潔で快適なスペースを確保してもらってます

建物内は、ワンちゃんやネコちゃんのことを最優先に、上手に創意工夫されていていると思いました。

天国へ行ってしまった子たちの慰霊碑

見晴らしの良いここち良いところにありました

ウプープウとして、清川しっぽ村の活動のお役に立てることしていきたいと思います!

【所在地】

〒243-0112
神奈川県愛甲郡清川村煤ケ谷3084-1
一般社団法人『清川しっぽ村』

※訪ねて行く際は、ご連絡されてからが良いとおもいます。

【連絡先】

080-8357-7955(松木さん)

詳しくは ↓↓ ブログをご覧下さい。

「今日の清川しっぽ村」

一般社団法人清川しっぽ村ホームページ

 


  • -

黒猫ノエルのかくれんぼ

暗いからみつからないよ。

ここにいるって気がつかないでしょ

みつかっちゃった⁈

 

かくれんぼが大好きなシャイな黒猫ノエルです(笑)

「黒猫ノエルを探せ!」lnstagramでも公開中!

http://instagram.com/upooopu

#黒猫ノエル


  • -

かんたん手作り猫のオモチャ〜パート1〜

【毛糸のポンポン玉を作ろう】


猫は、なんでもオモチャにしちゃいますよね。

毛糸玉は、特に大好き!

そこで『毛糸のポンポン玉』作ってみました♪

☆用意するもの☆

●厚紙(後で結びやすいように、切込みを入れます。
縦の長さがポンポンの直径になります。)

●毛糸(これは無着色100%ウール。なんと100均で購入!

カラフルなのも可愛いけど、猫はなんでもなめちゃうので、なるべく安全な素材を選んであげたいですね。)

●ハサミ(あれば手芸用が良いです。)

1.厚紙に毛糸を巻く(100回以上200回以下くらい)

2.切込みに紐を通してしっかりと結ぶ。
※ウールの糸は切れやすいので、リネンの紐を使いました。
ちなみにこれも100均♩

おジャマ猫登場(笑)


3.厚紙から外し、ひっくり返してもう一度ぎゅっと結ぶ。

※ここでしっかり結ばないと、すぐにバラバラになるので、頑張りましょう!


4.輪になった部分をハサミで全てカットする。結んだ紐は長めに残しておきましょう。


5.キレイに切り揃えるより、ボサボサの方が猫の好みなので、これで完成。


6.キャットタワーに結んだり、棒に結んだりしても良いですね。

これなら、遊びが大好きな猫ちゃんが壊しちゃっても、また作ってあげられますね♪


イベント

  • イベント無し